理事長・学校長挨拶


酒澤 政明 

本校は、平成22年度より普通科を1クラス新設し静清工業高等学校から静清高等学校に校名を変更し新たにスタート致しました。昭和16年に静岡市柚木に創立した伝統ある工業科を主体とした高校です。建学の精神は、産学一体の理念に基づき理論は教室で学び、実習は工場〈相川鉄工(株)〉で行い、「人柄の良い優秀な技術者」を育成する事を目的としています。従って人間育成を教育の第一と考え、卒業後は、各企業の方々から可愛がられ、期待の持たれる人間育成の指導に重点を置いています。そして、授業や補習授業・朝学習等で、学力を養成する事や、部活動・各種行事を通して、たくましい
体力と精神力を育てる事にも力を入れています。
昭和46年により良い教育環境を求めて、現在の藤枝市に移転しました。
卒業生は創立以来、約12,000余名を数え、工業界を中心に、あらゆる分野に進出し、社会に貢献しています。