相川学園 静清高等学校

保健室より在校生の方へ

保健室よりお知らせ

学校において予防すべき感染症をお知らせします。 下記の感染症にかかった場合は、出席停止となります。(欠席扱いにはなりません。) 医師から下記の感染症と診断された場合は、学校までご連絡ください。 また、病気が治り登校する際には、「登校許可証明書」の提出をお願いします。

伝染病名 出席停止期間の基準
第二種 インフルエンザ
(鳥インフルエンザH5N1を除く)
発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで、又は5日間の適切な抗菌薬治療が終了するまで
麻しん(はしか) 麻しんに伴う発熱が解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 腫脹が発現した後5日経過し、かつ全身が良好になるまで
風しん 発疹が消失するまで
水痘(みずぼうそう) 全ての発疹がかさぶたになるまで
咽頭結膜熱 主要症状が消退した後2日経過するまで
結核 症状により医師が伝染のおそれがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 症状により医師が伝染のおそれがないと認めるまで
第三種

主な感染症

  • コレラ
  • 細菌性赤痢
  • 腸管出血性大腸菌感染症
  • 腸チフス
  • パラチフス
  • 流行性角結膜炎
  • 急性出血性結膜炎

※その他の感染症

  • 溶連菌感染症
  • ウイルス性肝炎
  • 手足口病
  • 伝染性紅斑
  • ヘルパンギーナ
  • マイコプラズマ感染症
  • 流行性嘔吐下痢症
    など
病状により医師によって感染のおそれがないと認められるまで
※その他の感染症は必要があれば、学校医の意見を聞き、第3種の感染症として措置を取ることができる疾患です。

登校許可証明書

アドビアクロバットインストールボタン

※PDF形式のファイルを閲覧する場合は、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記のボタンをクリックし、インストールしてください。

日本スポーツ振興センター手続きについて

学校管理下で、生徒の災害(負傷・疾病・障害又は死亡)が発生した時に、災害共済給付(医療費・障害見舞金又は死亡見舞金の給付)を行う、 国・学校設置者・保護者の三者の負担による互助共済制度があります。

  1. 学校管理下で災害に遭い、医療機関を受診した際は、担任・教科担当又はクラブ顧問に報告する。 下へ
  2. 保健室へ報告し、下記の書類を保健室から受け取って下さい。
    1 『日本スポーツ振興センター手続きについて』の用紙(校内用)
    *本人が記入し、担任・教科担当又はクラブ顧問に押印してもらう。
    2 医療等の状況:医療機関で証明を受ける用紙(その他必要に応じて以下の書類を添付する)
    3 高額療養状況届:1ヶ月の医療費が7,000点以上(7万円)の場合
    4 調剤報酬明細書:処方箋に基づき、保険薬局で薬を処方された場合
    5 治療用装具明細書:医師が必要と認めた治療用装具を購入した場合
    下へ
  3. 『医療等の状況』を、受診した医療機関の窓口に提出し、診療点数等の証明をもらう。(1ヶ月に1枚) 下へ
  4. 記入済みの『医療等の状況』と『「日本スポーツ振興センター手続きについて」の用紙』を保健室へ提出する。 下へ
  5. 学校から日本スポーツ振興センターへ災害給付金の申請手続きをする。 (申請から給付まで2~3ヶ月かかります。) 下へ
  6. 日本スポーツ振興センターにて審査の上、給付金額を決定し、学校を通じて口座に入金される。

*災害給付には審査があります。そのため、申請しても給付されない場合があります。
*口座は学費引落口座になります。

ページ先頭へ戻る