相川学園 静清高等学校

静清高校 文理科

文理探究科の目標

教科・科目の知識を学ぶだけでなく、その知識に包含されている内容や発展的に活用される事象などを探究して考える力を養うとともに、それを形にして国内外に対して適切に発言でき、表現できる能力を育成する

なぜ、静岡県で初めて文理科(文理探究科)を設置したか

これからの教育においては、単に大学進学のための知識吸収にとどまらず、「生きる力」や「コミュニケーション力」を育む教育の推進が一層求められています。これらの力こそが、これからの社会で最も必要なことと考え、本校では、これを「考える力」として教育の中心に据えています。
本学科の教育目標は、理数科の目標と英語科の目標を共に達成しようとすることと類似していることから、理数系類似学科に位置づけられる文理科が適当であると判断し、静岡県では初めての学科となる「文理科」を設置することとしました。
また、現在、静岡県に設置されている理数科は理系の進学学科というイメージがありますが、文理科は理系、文系ともに進学を目指す学科として捉えることができます。
小学科名については、いかに「考える力」を育成するかを明確に表すために「文理探究科」として、二つのコース「文理探究コース」と「スポーツ探究コース」を設置しました。

文理探究コース

ポイント1

文理探究コースの選択者がどんなに少なくても1学級編成とし、少人数のきめ細かな指導を実施して大学への現役合格を目指します。

ポイント2

早い段階から進路目標を設定することにより、一般入試・推薦入試・AO入試などに十分な準備・対応を可能にします。

ポイント3

朝学習、放課後学習、個別学習などにより、基礎学力を確実に定着させ、大学合格できる力を養成します。

ポイント4

文系・理系大学への進学など、様々なニーズへの対応を可能にします。

カリキュラム

カリキュラム文理探究コース



スポーツ探究コース

ポイント1

スポーツを科学的に分析・研究し、将来、スポーツトレーナーとなれるような力を育成します。

ポイント2

早い段階から進路目標を設定することにより、一般入試・推薦入試・AO入試などに十分な準備・対応を可能にします。

ポイント3

部活動との両立を基本とし、朝学習や個別学習だけでなく、部活動終了後の補習等により、基礎学力を確実に定着させ、大学合格できる力を養成します。

ポイント4

文系・理系大学への進学など、様々なニーズへの対応を可能にします。

カリキュラム

カリキュラム機械科

ページ先頭へ戻る