相川学園 静清高等学校

校訓 「覇気・明朗・信念・実行」

静清高校 校訓

建学の精神

社会に貢献しようとする強い使命感と豊かな人間性を備えた人材の育成

相川学園の建学の目的は、学校と産業界(企業)が協力し、一体となって教育を行うという「産学一体」の理念に基づき、理論は教室で学び、実習は工場で行い、信義に篤く、人柄の良い、理論と実践能力を兼ね備えた優秀な技術者の育成にある。 その実習は、新鋭機械・諸施設・開発試験設備の完備せる工場において、経験豊かな多数の熟練技術者によって直接指導を受け、意欲に満ちた勤労の習慣を養い、技術の基礎を修練し、中堅技術者を育成する。
これが、建学の精神である。 この建学の精神に基づいた人間教育は今日でも脈々と受け継がれている。

教育目標

相川学園静清高等学校が掲げる2つの柱

人間力の育成
  1. 強健な身体と健全な精神の上に豊かな情操を兼ね備え、真に勤労を愛する人材を育成する。
  2. 明朗で誠実な心を育て、協調性に富んだ責任感の強い人材を育成する。
  3. 正しい人生観、世界観を確立できるようにし、社会への奉仕を厭わない人材を育成する。
  4. コミュニケーション能力を向上させ、世界に通用する人材を育成する。
考える力の育成
  1. 不撓不屈の精神で、創意工夫し課題解決できる人材を育成する。
  2. 新しいことに積極的に挑戦できる進取の精神を持った人材を育成する。
  3. 自ら進んで考え、行動できる創造力豊かな人材を育成する。

ページ先頭へ戻る